ベイビーの稽古6ケ月内

4月に長女が産まれました。長女はエコーでは3000gあったのに、じつは2532gでした。お産予定お日様から10お日様遅滞でしたが、安めな赤ちゃんでした。安めな赤ちゃんもガッツいっぱいに育ってくれてある。養育書の進化の配置よりも速くに成長してある。新生児の頃から手足のオタオタをよくしてました。心を反らせて、動いている自身を追うのもしてました。抱っこするって首に力をいれて前に押し出そうとしてました。また、歩きを突っぱねて立とうとしてました。首すわりはお食い初めの100お日様によって少し前にはできていて、お食い初めには赤ちゃん用の軟らかい椅子にみずから座れてました。寝返りも5ケ月になる少し前には出来ました。5ケ月としてお座りも支えなしだ。此度、6ケ月でずりはいで裏側にじりじりと下位がれるともなっています。方策の行動も器用になっています。両手のそれぞれの方策におもちゃを持てて、持ち替えたり、フロアにおいているおもちゃに手に持ったおもちゃでぶつけてみたり決める。真剣な面構えで遊んでいます。やけに、美しいだ。遊ん生じる間中ますます見ていられます。両手をばんざいして両ももに打ち付ける仕草は力強くて、方策が触れるって相当痛いです。しっぺされたみたいに痛いです。寝ている体格で喚き生み出したら、お座りの体格において泣き止んでマッチ生み出したり決める。座っているほうが眼差しに入るものが多くて嬉しいのと、方策も自由になるので良いのでしょうね。
日進月歩で成長して行く長女に毎日喜ばしいばかりです。元気に育ってくれてうれしいかぎりだ。杉山てつやの手法